マンションが立ち並ぶ通り

屋根の問題

ボルトとナット

住宅のエクステリアは、常に風雨にさらされている状態なので、屋内と比べると劣化しやすいです。
特に屋根は、劣化してしまうと雨漏りが起こってしまう可能性が高くなるため、気を配ることが大事です。
また、簡単に手が届く場所ではないので、枯れ葉やゴミなどが飛んできて引っかかったとしても、除去は困難です。
そのためどんどんそういった汚れがたまっていき、それによりカビやコケなどが生えて、一層劣化を促進してしまう可能性があるのです。
そのためエクステリアの中でも屋根は、特にメンテナンスが必要な部分と言えます。
汚れを除去したり必要に応じて修理をほどこしたりすることで、防水機能がしっかり働くようになるため、雨漏りは防がれますし、それによって快適な暮らしも守られるのです。

屋根材には色々なものがありますが、特に多く使われているのがコロニアルです。
これは繊維とセメントで作られた屋根材で、軽量で価格が安いことから人気があるのです。
しかし年月を経るごとに、経年劣化や衝撃によってヒビが入ったり割れたりします。
コロニアルが割れると、そこから雨水や汚れが入って、今度はその下の防水シートの状態が悪くなります。
これにより雨漏りが発生するので、屋根修理はまずは割れたコロニアルの修理または交換という形でおこなわれます。
また、昨今ではガルバリウムという薄型の鋼板も多く使われるようになってきています。
これは、コロニアル以上に軽く、しかもサビやカビなどの心配もほとんどなく、10~20年ほど長持ちするという屋根材です。
塗装によって好みの色合いに変更することも可能なので、丈夫で見た目の良いエクステリアにするために、コロニアルからガルバリウムに交換するという人も多くいます。