マンションが立ち並ぶ通り

雨漏りを確認したら

屋根と煙突

雨漏りは、屋根などが何らかの理由でその防水性を失い家屋内に雨水などが侵入することで発生します。
一般には室内に水が漏ってきた時点で雨漏りが起こっていると認識しますが、実際にはそれ以前から染み込んでいる可能性があり、早期に発見、修理しないと建物そのものを腐らせる恐れがあります。
雨漏りの修理を行うにはまずは原因を探すことから始まります。
多くは屋根の瓦が割れたり、老朽化により隙間が空いてしまうことで発生しますが、そのほかにも外壁のひび割れやサッシ廻りなどの老朽化などもその原因となります。
外壁やサッシ廻りであれば、コーキング剤によって隙間を埋めることで解消できます。
屋根の場合にも応急的にコーキング剤を使う場合がありますが、瓦などであれば、交換するのが一般的です。
ただし雨水が多く侵入して瓦の下に腐りなどが入っていると、屋根を大規模に修繕することになります。

雨漏りの起こらない屋根というのは、ほぼ存在しません。
鉄筋コンクリート作りであっても換気口などの開口部や窓などがあるとそこから雨水が侵入する可能性がありますし、瓦屋根であれば長年の風雨に晒され、いずれは劣化してしまいます。
特にエクステリアに拘り、複雑な屋根の形にすると、雨水の排出が上手く行かずに特定の箇所に水が溜まりやすくなり、その結果、雨漏りの原因ともなります。
また建物が建設された時点でも雨漏りが起こらないとは言えません。
しっかりと施工されたものであれば問題は発生しませんが、手抜き工事や職人の技術不足などによって発生する恐れがあります。
特に発生すると暮らしに大きな被害をもたらすため、早期発見して速やかに修理する必要があります。